内定辞退について

優秀な人であればこの企業ダメだなと感じた際に、内定辞退をする人も当然います。その企業にあえて行きたいと思わせるものがなければ、見限られることも当然あるでしょう。この面接等で、雇用する企業側が試験を受けに来た受験者を見るのは当然ですが、実は試験を受けに来た人もその企業を見定める場になっているという認識を持っている企業はかなり少ないのが現実です。このように傲慢な企業は、その後経営が傾いたりして、やはり入らなくてよかったという感慨を持つ人も多いようです。雇用契約ですので、お互いが納得できなければ当然契約をしなくてもなんら問題はないので、あえてその企業でないとダメとかいうのがないのであれば、機会を窺うのも一つの方法でしょう。今後日本は人口が減少していく中でその企業が生き残るためにどれだけ人材を大切にしているかということが、その企業の生き残りができるかどうかの分かれ目になるのは、自明の理といえるでしょう。